バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『台湾を活用した中国進出という視点』第13回 インスクエア ビジネスニュース Vol.133

『台湾を活用した中国進出という視点』第13回 インスクエア ビジネスニュース Vol.133

■[ インスクエア ビジネスニュース ]━━━━━━━━━━━━━━━━■

 世代を超えて起業が日本を元気にする!
 エイジレスな起業支援のインスクエアが送る【 最新!ビジネス情報 】
 http://in-sq.com
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[vol.133] 2012/11/01━━━━■
‥‥◇◆ 目次 ◆◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
01:本日のコラム…『 台湾を活用した中国進出という視点 』第13回
/ 進藤 晶泰 (香港貿易発展局)

02: イベントのお知らせ…【ハラルフォーラム2012】いよいよ11月16日
開催!募集開始のお知らせ
                                   
03:その他のお知らせ
━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01 ┃ 本日のコラム -『台湾を活用した中国進出という視点』第13回
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ /進藤 晶泰 (香港貿易発展局)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさん、こんにちは。

『台湾を活用した中国進出という視点』、前回は日本企業にとって、台湾企業
との合弁で作った中国の企業は“他の組み合わせ”に比べて潰れにくいという
データがある、というお話をさせていただきました。
日台アライアンスがもたらすベネフィットについて、今回と次回にわたっても
う2点程、本稿の結びとして言及させていただきます。

パートナー同士の相互信頼性は一朝一夕で醸成されるものではありません。パ
ートナー企業同士は相手に対する”信頼”と主導権を握り相手を”支配したい”
という避ける事の出来ない二律背反の狭間で揺れ動く、と言われています。

国際間アライアンスの滑り出し当初においては、双方の文化的背景に対する共
通認識は乏しく、また双方の情報交換・協同作業の量も不十分であり、このよ
うな状況下当然に相互信頼を醸成するベースが欠けているかもしれません。従
って新規アライアンス開始当初は双方が疑心暗鬼となり協働による価値創造に
対して不安感を覚える事が多い、と専門家は指摘しています。

このような場合において、予め双方スタッフの特性、管理スキルの“強み“が
解っていてそれが相互補完関係を示していたとしたら”先入観”の部分で相互
信頼を醸成するベースの役割を果たすと言えましょう。この点について注目す
べき論文があります

名古屋大学名誉教授の若林満先生(故人)は共同研究で、日本企業で働く管理
職と中国・台湾企業で働く管理職に対するアンケート調査を行い、それぞれの
間に、業績向上に必要なスキルについて基本的な認識の相違がある事を示しま
した。それは下記に2点に要約されます。

1)日本企業の管理職;戦略策定局面と意思決定局面に集中、管理職は戦略思
考、問題発見、意思決定、革新性、計画的行動といったスキル獲得が業績向上
をもたらすと考えている。

2)中国および台湾企業の管理職;人間管理局面と成果管理局面に対応するス
キルが最重視されている。公平処遇や人材活用スキルを発揮して人間関係管理
局面を推進し、また品質・収益管理のスキルを発揮して成果獲得を行うことが、
業績向上をもたらすと考えている。

つまり、日本の管理職がビジネス・プロセスの起点である戦略・意思決定フェ
ーズを最重視しているのに対し、中国・台湾の管理職は人材管理・活用、技術・
品質管理と、顧客対応スキル発揮に拠る成果獲得を最重視しており相互補完関
係が成立していることが解ります。

また、この研究にはもう1点重要な指摘がなされています。それは中国の管理
職と台湾の管理職とのビジネススキル発揮についての差異で、特に中国・台湾
企業が重視するビジネス・プロセスの局面で中国の管理職が人間関係を適切に
管理するスキル(人材適切活用、公平処遇)を重視する一方、台湾の管理職は
組織化・動員のスキル(チームワーク)を重視するという点で微妙な違いがあ
る、と言及されています。これは台湾企業および台湾人スタッフの方が中国の
それに比べより組織間アライアンスに適応した特性を備え、日本企業によりフ
ィットしていると解釈できるのだと思います。

以上進藤でした。

・前回までの進藤さんの内容はまとめて読むことが出来ます。(編集長)

http://melmaga.in-sq.net/category/shindou

———————————————————————-
▼プロフィール:インスクエア メルマガサポーター
氏名:進藤 晶泰(しんどう あきやす)
所属:香港貿易発展局東京事務所
<経歴>
1964年生、東京都出身。88年早大法卒、三井銀行入行、台湾師範大学での語学
研修を経て、アジア通貨危機時に広州支店の閉鎖、香港支店で中国初の破綻案
件で債権者主席委員などに従事。アコムに転じて台湾大手銀行との業務提携、
北京大学アコム金融情報研究所の立ち上げ等を行い、2007年9月より現職。中
国・香港・台湾と中華圏全般に渡る豊富なビジネス経験と幅広い人脈が強み。
2010年早大商学研究科(MBA)修了。
———————————————————————-

━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
02 ┃イベントのお知らせ
  ┃【ハラルフォーラム2012】いよいよ11月16日開催!募集開始
┃のお知らせ
  ┃

チャイナプラスワンで急にASEANに目が向きだし「ハラル」にも注目が集
まっています。
そんな中、【日本初】のハラルに関するフォーラムが開催されます。

(社)ハラル・ジャパン協会が主催する「ハラルフォーラム2012」
東京都心で11月16日(金)午前 開催決定です。
詳しい案内⇒ http://halal.or.jp/event/halalforum2012/index.html

ASEANハラル市場(インドネシア・マレーシア・シンガポール)輸出・進
出・インバウンド対策の識者が集い、日本のハラルビジネスについて意見を交
わします。
人口19億人マーケットのハラル市場(イスラム圏)に対して、日本が打つ戦略
は?
中小企業の活路は?
インバウンド対策は?
などなど、たくさんのテーマが凝縮されたハラルビジネスの入口・出口対策の
フォーラムです。

来賓にはマレーシア元首相のマハティール氏をお招きいたしました。
パネルディスカッション、基調講演とあり盛りだくさんの内容です。人数が確
定しない為会場をまだお伝えできません(東京都心を予定)、【日本初】の「ハ
ラルフォーラム2012」にご興味のある方は是非予定を開けておいてくださ
い。
■ 開催日 : 2012年11月16日(金)
■ 時間 : 10:00 ~ 12:30 (開場 9:30)
■ 場所 : 東京商工会議所 特別会議室A
■ 料金 : 無料
■ 人数 : 最大100名様 (※応募者多数の場合は抽選になります。)

詳しい案内⇒ http://halal.or.jp/event/halalforum2012/index.html

━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
03 ┃ その他のお知らせ
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ 1 インスクエア池袋 先着50社限定 特典をご用意いたしました。
  ┃ 2 バックナンバーサイト完成。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.インスクエア池袋
先着50名様特典の内容はコチラ(特典をクリック)

http://in-sq.com/index.html

・入会金無料 通常1名5万円

2.インスクエアビジネスニュースのバックナンバーが出来ました
購読申込もこちらメルマガ購読申込はこちらhttp://melmaga.in-sq.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★インスクエア 関連WEBサイト★
【インスクエア池袋公式サイト】
 http://in-sq.com/index.html
【オフィス探しのポ-タルサイト】
 http://www.at-office.co.jp/
【レンタル会議室探すならアットビジネスセンター】
 http://abc-kaigishitsu.com/
【インスクエア公式サポーター 営業支援担当(株)東京事務所】
 http://www.tokyojimusyo.com/
【ビジネスコンテンツアグリゲーション(株)PDBマーケティング】
 http://www.p-db-m.com/
【インスクエア公式サポーター IT担当(株)CNETメディアサービス】
 http://www.cnet-media.co.jp/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
インスクエアでは、世代を超えたビジネス情報・国境を超えた
アジア最新情報、営業支援情報など有益なビジネス情報をお届けいたします。

メルマガ購読申込はこちら http://melmaga.in-sq.net/
バックナンバーもございます
┏━━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃\/┃本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問はこちらまで
┗━━┛ ->> info@in-sq.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【インスクエア運営事務局】
株式会社アットオフィス
e-mail: info@in-sq.com   URL: http://in-sq.com/index.html
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
無断での複製、転載を禁じます。本情報は、情報の提供のみを目的に作成され
たものであり、何らかの行動を勧誘するものではありません。また、本情報は、
信頼できると思われる情報に基づいて作成されていますが、弊社は、その正確
性を保証するものではありません。
Copyright(C) at-office co.ltd. All Rights Reserved.

関連記事

« 6月 2018 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30