バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『台湾を活用した中国進出という視点』 【シリーズ最終回】 インスクエア ビジネスニュース Vol.143

『台湾を活用した中国進出という視点』 【シリーズ最終回】 インスクエア ビジネスニュース Vol.143

■[ インスクエア ビジネスニュース ]━━━━━━━━━━━━━━━━■

 世代を超えて起業が日本を元気にする!
 エイジレスな起業支援のインスクエアが送る【 最新!ビジネス情報 】
 http://in-sq.com
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[vol.143] 2012/11/15━━━━■
‥‥◇◆ 目次 ◆◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
01:本日のコラム…『 台湾を活用した中国進出という視点 』
                         【シリーズ最終回】
/ 進藤 晶泰 (香港貿易発展局)

02: イベントのお知らせ…【ハラルビジネス交流会】いよいよ明後日11月16
日開催のお知らせ
                                   
03:その他のお知らせ
━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01 ┃ 本日のコラム -『台湾を活用した中国進出という視点』【最終回】
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ /進藤 晶泰 (香港貿易発展局)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさん、こんにちは。

本編もいよいよ今回が最終回となりました。日本企業にとって台湾企業とのア
ライアンスがもたらすベネフィットについて、前回に引き続き述べさせていた
だきます。今回は「文化的融和性」がもたらすパフォーマンスの高さについて
です。

国際ビジネスを研究する専門家の間では、アライアンス当事者双方の文化的距
離が遠ければ遠い程、それぞれの組織運営、内部管理の手法は異なりそれに伴
い従業員の期待における相違も大きく、その為アライアンスの成功確率は低く
なる、“アライアンスパートナー同士の文化的融和性”が国際間アライアンス
事案の永続性にとって最も重要な要素である、と言われています。

「台湾企業の合弁相手に日本企業が多い理由ですか。やはり言葉が通じますか
らね。僕らは日本語教育を受けた世代で、日本企業とは日常的な意思疎通が図
りやすい。欧米が相手だと、こうはなりにくい。」 統一企業集団総裁高清愿氏
は雑誌のインビューでこう発言しています。過去の歴史上50年間、日本が台湾
を統治した時代があった事に深く関わる事ですが、では何故同様な事象が同じ
歴史的背景を有する韓国では顕在化せず、台湾において生じるのでしょうか。

中国における政府(王朝)が正式に台湾の領有を宣言したのは1684年清の康熙
帝の時代で、清国はその後1895年に日清戦争が終わるまで台湾を領有しました
がそれは至って消極的な姿勢で、具体的には清国から台湾への渡航・移民を厳
しく制限、また既に台湾へ移住した者に対しては先住民族の居住地域への入植
を禁じたり鋳造の禁止、農機具製造を政府の許可制にする等開発面においても
厳しく制限を敷きました。

日清戦争の結果台湾は日本に割譲されることとなり、割譲決定と共に日本は台
湾総督を任命、占領軍を派遣、台北に台湾総督府を置いて統治しました。台湾
総督府は治安・行政体制の整備と共に清朝統治時代には殆ど手つかずであった
インフラの整備を進め、1900年には幹線道路が総延長約7000キロメートルに
達し、1908年には北部の基隆から南部の高雄までつなぐ西部平原縦貫鉄道が開
通、1908年には全島で通信網が完成、基隆、高雄の港湾近代化工事、海底電線
敷設・無線電信の整備を行い台湾と日本は協力に結合されました。

現在台湾最大の穀倉地帯である南部嘉南平野一帯は八田與一の手に拠る嘉南大
?(かなんたいしゅう)の完成によるものです。この嘉南大?堰堤の長さ1,273
メートル、当時東洋一の規模を誇った烏山頭ダムと全長16,000㎞におよぶ水路
から成ります。台湾の人々が寄せる八田への敬意いを象徴するエピソードとし
て、戦後国民党政府が日本植民地時代の銅像や痕跡を悉く除去・廃棄していた
時期に地元の人々が長らく八田の銅像を隠し持って時代の変節を待ち現在にな
って、烏山頭ダムの畔にこの銅像を取り出し安置した事が挙げられます。

第二次大戦後、日本が台湾において有していた全ての権益、日本人の私有財産
は国民党政権=中華民国が接収しました。彼らは外省人と呼ばれ、単なる敗戦
国家の残した政府機構と資産の移管・再編にとどまらず、特権階級として富の
集積を行い本省人との対立を招きました。この対立がその後38年に渡る戒厳令
の実施や、「白色テロ」と呼ばれた政治弾圧など、恐怖と相互不信が人々の日
常生活における政治関係の基調となった不幸な時代を招きました。

現在においてはアジアで唯一元首に相当する総統を国民による直接選挙で選ぶ、
最も高度化した民主主義を体現している台湾ですが、このような過去の歴史的
経緯を背景に、台湾人は華人でありながら日本的コンテクストを理解し、かつ
中国大陸から渡来した国民党政権との比較の中で現代中国とは異質の日本に対
する好意や親密感が醸成されている部分が大きいと思います。

皆様、長きに渡りましてお付き合い頂きありがとうございました。
『台湾を活用した中国進出という視点』が少しでもビジネスのヒントになれば
幸いです。
そういう私もこの年末で香港貿易発展局を退職し、新たな道を歩む予定です。
これからは日本が持つ強みをどんどん海外に発信して行こうと思っています。
またいつか、インスクエアの皆様により一層お役に立てるようパワーアップし
て戻って参ります。
以上進藤でした。

・前回までの進藤さんの内容はまとめて読むことが出来ます。

http://melmaga.in-sq.net/category/shindou

進藤さんの新天地での活躍を期待します。
実績あるアジア進出のサポーターとしてぜひまた復帰して頂きたいと思います。
お疲れ様でした。(編集長)

——————————————————————-
▼プロフィール:インスクエア メルマガサポーター
氏名:進藤 晶泰(しんどう あきやす)
所属:香港貿易発展局東京事務所
<経歴>
1964年生、東京都出身。88年早大法卒、三井銀行入行、台湾師範大学での語学
研修を経て、アジア通貨危機時に広州支店の閉鎖、香港支店で中国初の破綻案
件で債権者主席委員などに従事。アコムに転じて台湾大手銀行との業務提携、
北京大学アコム金融情報研究所の立ち上げ等を行い、2007年9月より現職。中
国・香港・台湾と中華圏全般に渡る豊富なビジネス経験と幅広い人脈が強み。
2010年早大商学研究科(MBA)修了。
——————————————————————-

━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
02 ┃イベントのお知らせ
  ┃
  ┃【ハラルビジネス交流会】いよいよ明後日11月16日開催!のお知らせ
  ┃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海外展開をお考えの企業様
インドネシア・マレーシア・シンガポールに輸出・進出・インバウンド対策
ハラル活用で19億人へのパスポートで日本でハラルは他人事ではありません。

まずは参加してみて下さい。

案内文PDFのURL

http://halal.or.jp/event/halalforum2012/salon.pdf

申込みフォームのURL

http://halal.or.jp/event/halalforum2012/salon.html

東京の真ん中、銀座で行います、定員50人まであと15人です!

お待ちしています。

━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
03 ┃ その他のお知らせ
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ 1 インスクエア池袋 先着50社限定 特典をご用意いたしました。
  ┃ 2 バックナンバーサイト完成。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.インスクエア池袋
先着50名様特典の内容はコチラ(特典をクリック)

http://in-sq.com/index.html

・入会金無料 通常1名5万円

2.インスクエアビジネスニュースのバックナンバーが出来ました
購読申込もこちらメルマガ購読申込はこちらhttp://melmaga.in-sq.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★インスクエア 関連WEBサイト★
【インスクエア池袋公式サイト】
 http://in-sq.com/index.html
【オフィス探しのポ-タルサイト】
 http://www.at-office.co.jp/
【レンタル会議室探すならアットビジネスセンター】
 http://abc-kaigishitsu.com/
【インスクエア公式サポーター 営業支援担当(株)東京事務所】
 http://www.tokyojimusyo.com/
【ビジネスコンテンツアグリゲーション(株)PDBマーケティング】
 http://www.p-db-m.com/
【インスクエア公式サポーター IT担当(株)CNETメディアサービス】
 http://www.cnet-media.co.jp/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
インスクエアでは、世代を超えたビジネス情報・国境を超えた
アジア最新情報、営業支援情報など有益なビジネス情報をお届けいたします。

メルマガ購読申込はこちら http://melmaga.in-sq.net/
バックナンバーもございます
┏━━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃\/┃本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問はこちらまで
┗━━┛ ->> info@in-sq.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【インスクエア運営事務局】
株式会社アットオフィス
e-mail: info@in-sq.com   URL: http://in-sq.com/index.html
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
無断での複製、転載を禁じます。本情報は、情報の提供のみを目的に作成され
たものであり、何らかの行動を勧誘するものではありません。また、本情報は、
信頼できると思われる情報に基づいて作成されていますが、弊社は、その正確
性を保証するものではありません。
Copyright(C) at-office co.ltd. All Rights Reserved.

関連記事

« 6月 2019 3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31