バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『独自なトピック検索』 インスクエア ビジネスニュース Vol.580

『独自なトピック検索』 インスクエア ビジネスニュース Vol.580

■[ インスクエア ビジネスニュース ]━━━━━━━━━━━━━━━━■

 世代を超えて起業が日本を元気にする!
 エイジレスな起業支援のインスクエアが送る【 最新!ビジネス情報 】
 http://in-sq.com
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[vol.580] 2014/07/15━━■
‥‥◇◆ 目次 ◆◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

01:本日のコラム…『 独自なトピック検索 』
/ 戸田 裕子(株式会社知紡)

02:その他お知らせ
1 インスクエアの最新情報
 「いまどきのヒット商品・サービスのトレンドと法則 報告レポート」

━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01 ┃ 本日のコラム - 『 独自なトピック検索 』
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ 戸田 裕子(株式会社知紡)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、株式会社知紡の戸田です。

Web検索において、ちょっとした工夫で独自な検索ができます。

グーグルに「カスタム検索」という機能(無料)があります。

https://www.google.co.jp/cse/?hl=ja

自分が検索対象としたいサイトURLを1000個まで登録でき、
その範囲内のみを検索対象としてくれる機能です。
検索結果は100件までしか参照できませんが、以下のような使い方ができます。

1)自分のサイトの特定のページ内(例:商品ページなど)だけを、訪問者に
  検索してもらう(本来の利用方法です)
2)興味のある採用ポータルやニュースポータルを複数登録し、横断検索する。
  事例:弊社のサイトですが、企業名による、サイト横断検索で利用しています
     http://www.papatto.info/s/index.html
3)自分の顧客企業や営業対象のHPを登録しておき、特定のキーワードで検索する

最後の3)に関して、サンプルサイトをいくつか試しに作りました。

■例1食品メーカ900社のHPから、トピック情報ページを検索します。
以下のサイトに900社のURLを登録してあります。

https://www.google.com/cse/publicurl?cx=010653135961339617616:90emdvhlrqe

ここで、以下のトピックを示すキーワードを指定して検索します。

お知らせ OR について OR 開始 OR 開催 OR 掲載

次に検索結果リストの右上に「表示順:」という選択タグがあるので以下のよ
うに変更します。
最初は「Relevance」の表示されているので、クリックで表示される「Date」
を選びます。

日付の新しいページから表示されます。

上記は食品メーカのサイトですが、自分のウォッチングしたい会社のHPを登
録すると、
その会社の告知活動が参照できます。

大手企業は、一般のメディアやポータルに、一部がニュースとして流れますが、
自分顧客だけに絞ったトピック情報による、訪問のきっかけ作りが可能になります。
また、競合会社のトピック情報による、情報収集などに利用できます。

■例2:大学780校のHPを登録したサイト

https://www.google.com/cse/publicurl?cx=010653135961339617616:w64v0

zxyzvi

ここでは、上記のようにトピックキーワードで日付順の検索もよいですが、
「就職 担当」のようなキーワードで検索するのも意外な情報のまとめかたか
もしれません。

■例3:私立中・高校790校のHPを登録したサイト
(東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・京都・兵庫・愛知・静岡)

https://www.google.com/cse/publicurl?cx=010653135961339617616:7pmsswg_cf0

ローカルに掲載される教員募集のトピック検索(以下)はどうでしょうか。
検索後に日付順で並び変えてください(方法は上記 例1参照)

“教員募集” OR “講師募集” OR ”教員採用”

このように、誰もが見ている検索結果だけでなく、独自の工夫した検索により
効率化、差別化、アイデアのヒントに役立ちます。

上記サイトは、1ヶ月間ほど公開します。

今後とも宜しくお願いいたします。

——————————————————————-
▼プロフィール:
・氏名:戸田 裕子(とだ・ゆうこ)tod@myt.co.jp
・所属:(株)知紡 代表取締役
 http://www.ti-bou.com/
 Papatto 企業情報検索サービス http://www.papatto.info/s/index.html
・出身:東京都
——————————————————————-
━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
02 ┃ その他のお知らせ
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ 1. インスクエアイベントレポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪インスクエア最新情報≫
【いまどきのヒット商品・サービスのトレンドと法則】

『人間はどうしても買い物をやめられない。
 だから、単純に消費が落ち込むのではなく、今まで使ってきた金額と同
じ金額で、いかに満足するにはどうするか?という方向に思考が変わる』

という北村氏の考察は、店頭で実際にリサーチもかけているという通り、
現場を見た方でないと導き出せない答えだなと、思わず唸ってしまいました。
うーむ。さすがです。

こういった消費者の実際の行動や考え方からHIT商品のトレンドが見えて
きそうです。
トレンド分析では有名な北村森 日経トレンディー元編集長のセミナーは
目から鱗の連続です。

詳しくはこちらのレポートをご覧下さい

http://in-sq.com/event/?p=280

★インスクエア 関連WEBサイト★
【インスクエア池袋公式サイト】
 http://in-sq.com/index.html
【オフィス探しのポ-タルサイト】
 http://www.at-office.co.jp/
【レンタル会議室探すならアットビジネスセンター】
 http://abc-kaigishitsu.com/
【インスクエア公式サポーター 営業支援担当(株)東京事務所】
 http://www.tokyojimusyo.com/
【ビジネスコンテンツアグリゲーション(株)PDBマーケティング】
 http://www.p-db-m.com/
【インスクエア公式サポーター IT担当(株)CNETメディアサービス】
 http://www.cnet-media.co.jp/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
インスクエアでは、世代を超えたビジネス情報・国境を超えた
アジア最新情報、営業支援情報など有益なビジネス情報をお届けいたします。

メルマガ購読申込はこちら http://melmaga.in-sq.net/

関連記事

« 6月 2022 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31