バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『数字から見てみる介護業界の現状』 インスクエア ビジネスニュース Vol.642

『数字から見てみる介護業界の現状』 インスクエア ビジネスニュース Vol.642

[ インスクエア ビジネスニュース ]━━━━━━━━━━━━━━━━■

 世代を超えて起業が日本を元気にする!
 エイジレスな起業支援のインスクエアが送る【 最新!ビジネス情報 】
 http://in-sq.com
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[vol.642] 2014/10/16━━■
‥‥◇◆ 目次 ◆◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

01:本日のコラム…
  「数字から見てみる介護業界の現状」
/ 天川 大輔(行政書士 イノベーション経営法務行政書士事務所)

02:その他
  【スペシャルイベント】
   会社を潰さない「ストックビジネス」を作る方法 
  
  【イベント報告】連帯保証人脱出ノウハウセミナー
━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01 ┃ 本日のコラム - 『 数字から見てみる介護業界の現状 』
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ /天川 大輔(行政書士 イノベーション経営法務行政書士事務所)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イノベーション経営法務行政書士事務所の天川です。

本業と全く関係なくても面白そうなセミナー等があれば時間が許す限り覗いて
みることが多いのですが、最近よく参加してみるのが「色」に関するテーマの
ものです(本当に本業に関係ないです(笑))。

別にカラーコーディネーター検定などを受けるつもりはありませんが、周りに
溢れている色彩、特にビジネス的に「ある意図」を持って計算された色の使い
方の裏側(例えば、なぜ大手ハンバーガーチェーンは赤色背景に黄色でMのロ
ゴを使っているのかなど)を知るのは中々面白いです。
自分の事務所やクライアントの方のブランディングにも役立ちそうですしね。

さて、前回のメルマガ(9月18日)では、介護業界の概況について触れてみ
ました。最近、介護報酬の改定を中心に介護の問題に関する報道が増えてきま
したので、今回も介護業界の現状について触れたいと思います。

■介護報酬3年、診療報酬2年

ある時期になると、「介護報酬改定」、「診療報酬改定」といったワードを新聞
やニュース番組で聞く機会が増えます(それに伴い「医師会反発」などのお決
まりの付随ワードも)。
これは何かと言うと、介護事業者や病院などがサービスの提供(訪問介護や治
療等)をした際に、国に請求することができるサービス対価(報酬)金額のリ
ストについての見直し作業のことです。

私達は介護サービスを利用すると1割、医療サービスを利用すると3割を原則、
自己負担します(自由診療等の場合は除きます。また、実際の割合は年齢等に
よって色々なパターンがあります)。
この基となっている金額が介護報酬、診療報酬といった国が予め定めた料金リ
ストです。これらサービス提供事業者が提供するメニューは、全て全国一律で
金額が決まっており(実際には各サービスごとに単位、点数が決められており、
それに約10円を乗じて算出します)、基本的には勝手に値下げや値上げができ
ないわけなのです。
そしてそのリストは、介護に関しては3年に一回、医療に関しては2年に一回、
その時点における物価や現状等を反映させて見直しがなされます。

となると、これら関係事業者にとっては、改定で報酬金額がいくらになるか、
というのは非常に大きな問題です。
しかも、自己努力や直接的な自由経済・市場性に関係なく、お上によってある
日突然「今日からはこれは〇〇円で売ってね」、と達しがあるわけですから、
考え方によってはかなり恐ろしい話です(一方で前回触れたように、ほとんど
が社会保険から賄われるので貸倒れや債券が塩漬けになるリスクがないという
メリットもありますが)。

つい先日(平成26年10月10日前後)も、特別養護老人ホームの利益率
(8.7%)が中小企業平均(2.2%)と比べて高過ぎるので、6%マイナス改定をす
べきでは、という試案が財務省から提示されました。
確かに、一部の介護事業者への利益の偏り、膨大な社会保障費増大の抑制とい
う構造的問題が存在するのは確かですし、これは極端な例ですが、ある日を境
に政治的な理由により売上が強制的かつ恒常的に(最低でも3年間)6%下がっ
てしまうというのは、ビジネス的には怖い部分です。

このように報酬改定は事業者側からすると死活問題ですので、私も病院や介護
事業所さんからご相談を受けた際には、改定作業の動向や、どこまで加算がで
きより有利な状態でお仕事ができる可能性があるのか(事業者は一定の要件を
満たせば、基本料金に上乗せした金額を国等に対して請求することができるの
で、これは結構重要なポイントです)、踏まえた上で参入の是非等についてサ
ポートさせて頂くことになります。

■介護クライシスとは

もう一つ最近の話題を。
最近はまだまだ元気な方が多いので、「高齢者」と一括りにされるのには抵抗
がある方もいらっしゃると思いますが、一応定義上では、65歳から74歳まで
が前期高齢者、75歳以上の方が後期高齢者ということになっています。

そして、高齢者、すなわち65歳以上の人口は、2013年10月時点で3,189万
8千人、実に全人口の25%以上です(総務省人口統計調査より)。
もちろん、介護保険を受ける側の方々が急激に増えているというのも、それを
支える社会保障費の増大という面で一つの大きな問題ですが、一方でこれを支
える家族側の問題が社会問題化し始めています。いわゆる「介護クライシス」
と呼ばれるものです。

平成25年度における厚生労働省発表の「国民生活基礎調査」の結果を見ると、
介護者を支えている担い手は、同居者が61.6%、事業者が14.8%であり、親族
によるサポートが中心です。
また、同居者の内訳は、配偶者が26.2%、次いで子が21.8%、子の配偶者が
11.2%。つまり、約半数(26.2%+21.8%=48%)がひと世代前の同居親族によ
ってサポートされている、というのが介護現場の現状です。
また、この同居者61.6%の性別的な内訳は、男性が31.3%、女性が68.7%。
年齢別の内訳で見ると、主な現役世代である60歳未満の割合は、男性は31%、
女制は31.5%です。

ここから分かることは、高齢者の方が増えているということは、それを支える
環境、及び人も増えざるを得ないということ、そしてそこではまだまだ家族の
手によるサポートが望まれているもしくは迫られており、かつ前述のようにそ
の約半数が現在現役社会を構成している世代(40歳~59歳)であるというこ
とです。

「介護離職」もよく聞くようになったワードです。
今現在企業の中枢で活躍している中高年の方々が、離職しなくても介護にも十
分時間と体力を割け、不必要な社会的損失を回避できるよう、仕事と介護の両
立といった柔軟で多様性のある働き方の構築、選択可能性が、企業側にとって
もこれからは重要な課題となることは間違いありません。

世代間では老々介護、介護離職、介護クライシス、待機児童の解消、企業内保
育所開設。
性別間では男女の雇用機会均等、一定割合・一定数の女性役員・女性管理職の
実現義務、それに伴うアファーマティブアクションによる逆差別の問題。
企業としては、内部における様々なカテゴリーの人々に繊細な配慮と非常に難
しいバランスの舵取りが要求されている時代と言えます。

—————————————————————–
▼プロフィール:
・氏名:天川 大輔(あまかわ だいすけ) 37歳
・出身:広島県広島市
・出身高校/大学:修道高校/同志社大学法学部/広島大学大学院法務研究科
・所属:イノベーション経営法務行政書士事務所
    【事務所総合HP】http://www.keieihoumu.com/
    【創業支援FB】https://www.facebook.com/sougyoukigyou
・経歴:アパレル販売、経営コンサルタント会社勤務を経て税理士法人、行政
書士法人で実績を積み、独立に至る。
    専門分野は「医療法・薬事法」、「建設業法」。
・趣味:バイク、楽器(サックス)演奏、ジャズ鑑賞、街歩き
・告知:平成26年9月17日(水)に「医療法人設立・運営セミナー」を、平
成26年9月9日(火)に経営者向けセミナー(今回のテーマは「外国人雇用」
について)を行います。ご興味ある方はご連絡下さい。
—————————————————————–

━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
02 ┃ イベントのお知らせ
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ インスクエア×天狼院書店コラボ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【天狼院マーケティング・ラボSPECIAL】
会社を潰さない「ストックビジネス」を作る方法! 

起業して10年後に何社残っていると思われますか
一説には、6.3%とも、帝国データからは70%とも出ているが
ようやく信憑性の高い数字が出ました。
〈出典 経済産業省データより〉

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h18/H18_hakusyo/h18/html/i1220000.html

法人の場合
5年で53%、10年で36%

個人事業の場合
5年で26%、10年で12%

法人か個人かを問うつもりはなくて、倒産は全てを失う
最も恐ろしいことです。
このネガティブな感情が開業率5%未満と欧米諸国の半分にして
いることは間違いないと思います。

開業しても潰れない仕組みがあるとしたら、どうでしょう。
「そんなもの、簡単にできるわけがない」と思うでしょうね。

アットオフィスという会社はリーマンショック以降
事業形態をストックに移行して増収増益を続けて
10億円を超えるまでに成長しました。
震災時にこそ仕組みが大きな支えとなってすぐに復活した。
このストックは、インスクエアという起業支援施設を
作り、さらにストックの仕組みを最大活かして
成功企業を生み出しています。
今ではインスクエアは都内最高ランクの高稼働
インキュベーション施設になっています。

そしてそのストックとは資金無くとも確実な成長を生み出す
システムが肝になっていて、このシステムは「信用」という
誰でも持っている形のない財産を金に変える仕組みで出来ています。
ストックという考え方は魔法の仕組みです。
世の中の多くのビジネスに応用できる万能の杖です
ストックをつかうと「負けない勝ち方」つまり極めて倒産しにくい
会社がつくれます。

【10/29天狼院マーケティング・ラボSPECIAL】
会社を潰さない「ストックビジネス」を作る方法!

このイベントで、初めてストックの仕組みを公開します
そして、今みなさんが取り組む事業をストックにする
ワークショップも行います

イベント詳細はこちらをご覧下さい

https://www.facebook.com/events/534097306726689/

お申し込みはこちらから

http://www.in-sq.com/other/schedule.html

お申し込みに不明な場合は下記までお電話ください。
お問合せ先:050-5893-2365 インスクエアセミナー事務局
####################################
【開催概要】
天狼院マーケティング・ラボSPECIAL】
会社を潰さない「ストックビジネス」を作る方法!

日時:10月29日(水)19:30~21:30
定員:80名様
*定員になり次第、締め切らせて頂きます。
参加費:一般 5,000円
    ※インスクエア会員 1,000円
場所:アットビジネスセンター池袋駅前別館

http://abc-kaigishitsu.com/ikebukuro/

【プロフィール】
大竹啓裕(おおたけ・たかひろ)
1963年福島県生。千葉工業大学卒業。
ラーメン店のフランチャイズ化に関わり、
全国で200店舗展開。
ラーメンFC成功で養ったマーケティング理論で
不動産業界に革命を起こしたいと考え、
42歳で起業、アットオフィスをつくる。
その後、会議室ビジネスを始め、ビジネスを多角化。
「大人のレンタルオフィス」インスクエアを池袋ではじめる。
現在、手がけるビジネスの年商は10億円を超える。

お申し込みに不明な場合は下記までお電話ください。
お問合せ先:050-5893-2365 インスクエアセミナー事務局

こちらからお申し込み下さい

http://www.in-sq.com/other/schedule.html

━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
03 ┃ その他のお知らせ
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ 1. インスクエアイベント報告【連帯保証人脱出ノウハウセミナー】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【連帯保証人脱出ノウハウセミナー】 
またやって欲しいなど、参加者から高評価のセミナーとなりました。

■参加者の声から
・同業から何でそこまで書類を作るのか、といわれることも多かったが
 方針が間違っていなかったと確信した。 (税理士)
・実例・実際のインタビュー交えての内容だったので理解が進みました。 
(コンサル業)
・銀行側の視点がとてもよくわかりました。
 経営ポイントUPに通ずるものがあると思ったので顧問先にご案内します。
(行政書士)
・起業したばかりで良く理解できたとは言えませんが、
 自社の格付けのことを考えて行動しようと思った(製造業)
・お客様と仲間の経営者に伝えます。次回は経営者仲間を呼ぶ予定。 (コン
サル業)
**************************

ご存知でしたか??
経営者保証を無くすガイドラインができたことを。。
経営者の間では多少話題にはなっていますが、積極的に銀行に動いた
という話は聞こえてきません。

インスクエアは元金融機関出身の望月氏という力強い味方を得て、
プロジェクトを立ち上げ、具体的に動き、ぎりぎりまで情報を収集し、
セミナーの日には貴重な実例が集まっていました。

前半は、金融機関は貸付先のどんな資料を望んでいるのかという具体的
な講義です。
「相手との交渉のためにも、具体的にこういった書類を作成しましょう!」
現場の第一線で活躍していたプロフェッショナルだからこそ話せる対策
ノウハウを惜しみなく公開です。

1つ具体例をご紹介しますと、
決算書を提出しているから銀行は社の業況をわかっているはず、と思い
きや、『銀行は貴方の業種のプロではないので、決算書だけではヒト・
モノ・カネの流れは100%伝わっていない』

『わからないから担保や連帯保証人を付けるもしくは付けたがる傾向
にある。』のだそうです。
やみくもに担当者に熱弁を振るっても効果は期待できません。

相手に合った対策が重要ということですね。

セミナー後半 詳しくはこちらのレポートをご覧下さい

http://in-sq.com/event/?p=311

★インスクエア 関連WEBサイト★
【インスクエア池袋公式サイト】
 http://in-sq.com/index.html
【オフィス探しのポ-タルサイト】
 http://www.at-office.co.jp/
【レンタル会議室探すならアットビジネスセンター】
 http://abc-kaigishitsu.com/
【インスクエア公式サポーター 営業支援担当(株)東京事務所】
 http://www.tokyojimusyo.com/
【ビジネスコンテンツアグリゲーション(株)PDBマーケティング】
 http://www.p-db-m.com/
【インスクエア公式サポーター IT担当(株)CNETメディアサービス】
 http://www.cnet-media.co.jp/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
インスクエアでは、世代を超えたビジネス情報・国境を超えた
アジア最新情報、営業支援情報など有益なビジネス情報をお届けいたします。

メルマガ購読申込はこちら http://melmaga.in-sq.net/

関連記事

« 6月 2024 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31