バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『チャンス!円安こそ地方メーカー再生の時』 インスクエア ビジネスニュース Vol..697

『チャンス!円安こそ地方メーカー再生の時』 インスクエア ビジネスニュース Vol..697

■[インスクエア ビジネスニュース]━━━━━━━━━━━■

世代を超えて起業が日本を元気にする!
エイジレスな起業支援のインスクエアが送る【最新!ビジネス情報】

http://in-sq.com

■━━━━━━━━━━━━━━━━━[vol.697]2015/01/14━■
‥‥◇◆ 目次 ◆◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

01:本日のコラム…
「チャンス!円安こそ地方メーカー再生の時」
/ 白浜 一久 (飲食店・食品商品開発プロデューサー)

02:その他
イベント報告:【会社を潰さない「ストックビジネス」を作る方法】
━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01 ┃ 本日のコラム-
  ┃『 チャンス!円安こそ地方メーカー再生の時 』
━━┃………………………………………………………………………
  ┃ /白浜 一久 (飲食店・食品商品開発プロデューサー)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様こんにちは!飲食・商品開発コンサルタントの白濱です。本年
も残すところあと50週です(笑)。気合を入れて残り350日を走り
抜けたいと思います。

弊社開発の「ご飯にかけるギョーザ」も絶好調で、12日の日本テレ
ビ「ヒルナンデス!」では2015年の今年はやるものランキング3位
にランクインし、年末のスマステの4位と共にお陰様で好位置をキ
ープしております。食品以外も含めてのランキングですので嬉しい
限りで御座います。

さて、昨年から「円安‼」「円安‼」と巷ではマスコミが騒いでお

ます。急激な為替変動の為に、輸入中心の企業の方は大変な毎日で
あろうと思われます。メーカーさん、飲食店は為替変動に合わせた
値上げはなかなか難しく、利益の圧迫に悲鳴を上げていらっしゃる
事でしょう。更に年末のペヤング焼きそばやマクドナルドの異物混
入で食品業界の安全安心も厳しく問われている中、輸入食材使用は
細心の注意が必要です。

そこで、私は、「今!円安こそ地方メーカー再生の時」と声を上げ
たいと思います。


昨日の某商社様との打合せでも海外向けの無添加食品のPB商品を欲
しがられていました。その商品は私の知る地方メーカーしか作って
いません。大手やナショナルブランドは手を出していない領域です。
明らかに地方メーカーの商品の需要が高まっています。しかし、常
にそしてかなり情報アンテナを高くしている地方メーカーの経営者
しか、この需要情報は届きません。

地方で受け身の経営しかしていない経営者の方には全く実感もない
事でしょう。それでは、なぜ「今がチャンス!」なのかの、理由を
上げてみました。
以下がその理由な主たる部分です。

1、地方メーカーは基本的に地産や国産の食材を使用しており、
円安為替の影響を受けない。(もちろん輸入品の値上がりと共に、
つられて国産品も値上げはするだろうが)

2、技術力があり、その地方のみの食材を使用すれば、オンリー
ワンの商品を生み出す可能性が高い。

3、スマートフォンの普及の恩恵を受け、地方お取り寄せ等のネ
ット販売で、しかも無店舗で莫大な売上げを創る事が可能となっ
た。

4、大手メーカーが作らない食品やその地方ならではの食品は
海外マーケットにはまだまだ需要があり、海外の食品バイヤーも
WEBや商談会等で地方食品の情報を得ることが容易になっているた
め、地方からダイレクトで海外での販売という図式が発達しつつある。

もちろん、その理由すべてにクリアすべき関門もある。それぞれに
ついての関門を以下に述べる。

1、地方・国内産の食材使用
輸入品の食材を使用したメーカーの場合、コストの恩恵を受けてい
たのだが、円安になりそのメリットも薄まった。地産・国産の食材
を使用していたメーカーとコスト面での差が小さくなり、地方メー
カーもチャンスである。しかし日頃から仕入れ業者や生産者との良
好な関係が築けていなければ、地産・国産材料の円安便乗値上げの
影響を受けてしまう。

2、地産品を用いてのオンリーワン食品の開発
「売れる」商品開発能力がなければ、オンリーワンの売上爆発商品
を企画する事が出来ない。

3、ネット販売は慣れないと梱包作業など意外と面倒。
受発注業務も売れれば売れる程かなりの作業量になる。

4、地方メーカー品を輸出するためには以下の障壁がある
・海外の商慣習を知る必要性
・輸出の書類作成および手続き
・輸出ロッドの問題
・使用食材が輸出相手国の基準に合致しているか
・そもそもルートが無い

簡単ではないかもしれませんが、上記をクリアすればものすごい
チャンスです。

目指せ!「地産外消」「国産外消」!

地方発信、地方生産で日本国内そして世界のマーケットに打って
出る「時」が来ました。「この商品でこの町を有名にする」くら
いの使命感を帯びて商品作りをすれば必ず道は開けると思います。
私の「売れる商品開発」の大事な要素の一つが「常識は必要ない、
そしてあきらめない」です。

今こそ、地方メーカーの再生の時です。その時をサポートされる、
デザイナー、広告、カメラマン、物流、商社の方々もチャンスで
す。金の卵を見つけ・育てメイドイン地方の商品を世界に売りま
くりましょう!

そんな、こんなで、新商品開発の依頼も随時受け付けております。
下記、メールアドレスまでお連絡下さい。

今年は新商品販売ラッシュになります。ご賞味のほうも是非是非
宜しくお願い致します。

それでは、多謝・再見‼‼

———————————————————-
▼プロフィール:飲食店・食品プロデューサー
・氏名:白浜 一久(しらはま かずひさ)
・出身:福岡県
飲食プロプロデュース歴10年
国内8業態54店舗、海外4業態7店舗の実績
所属:株式会社ユーユービズサポート
インスクエアサポーター(飲食ビジネス・海外進出担当)
連絡先:shirahama.imagine@gmail.com
———————————————————

━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
02 ┃ その他のお知らせ
━━┃…………………………………………………………………
  ┃1. インスクエアイベント報告
  ┃【会社を潰さない「ストックビジネス」を作る方法】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会社を潰さない「ストックビジネス」を作る方法【IS×天狼院】】

またやって欲しいなど、参加者から高評価のセミナーとなりま
した。
■まず前半は、インスクエアを事例にして
『起業で失敗しない為のストックビジネスとは何か?』を理解
するための講義です。
日本の起業の現状について、各種データを分析しながら
インスクエアを生み出した経緯=ストックビジネスが生まれる
過程を紐解きます。
加えて、ストックビジネスとは反対のフロービジネスについても
短期、長期、収益性を比較しながらそれぞれの長所短所を解説。

■天狼院店主三浦さんからのするどい質問に大竹が一つ一つ答
えていきます。
「なぜ、ほとんど資金をかけずに事業が立ちあげられるのか?」
「なぜ、インスクエアは今や予約待ち状態なのか?」

三浦さんが途中で「奇跡のビジネスモデル」と評したことが印象
的でしたが、その理由として「ポイントは信用は貯金です。信用
は現金です。」と大竹が答えていました。

実際に信用が貯金だという根拠はビルオーナーのストックを有効
活用して想定以上の結果を出し続けて来たことを見てきています
ので、納得できました。

それは40歳を過ぎて起業する人の会社存続率が高い理由にもつ
ながり実際にどうやって信用をお金にするかのエピソード『1億の
”えっ?”』の話に会場は大いに盛り上がっておりました(笑)

詳しくはこちらのレポートをご覧下さい

http://in-sq.com/event/?p=335

★インスクエア関連WEBサイト★
【インスクエア池袋公式サイト】
 http://in-sq.com/index.html
【オフィス探しのポ-タルサイト】
 http://www.at-office.co.jp/
【レンタル会議室探すならアットビジネスセンター】
 http://abc-kaigishitsu.com/
【インスクエア公式サポーター 営業支援担当(株)東京事務所】
 http://www.tokyojimusyo.com/
【ビジネスコンテンツアグリゲーション(株)PDBマーケティ
ング】 http://www.p-db-m.com/
【インスクエア公式サポーター IT担当(株)CNETメディ
アサービス】 http://www.cnet-media.co.jp/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
インスクエアでは、世代を超えたビジネス情報・国境を超えた
アジア最新情報、営業支援情報など有益なビジネス情報をお届け
いたします。

メルマガ購読申込はこちら http://melmaga.in-sq.net/

関連記事

« 6月 2022 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31