バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『いまだから言えるストック構築が始まるタイミング』 インスクエア ビジネスニュース Vol.1515

『いまだから言えるストック構築が始まるタイミング』 インスクエア ビジネスニュース Vol.1515

■[ インスクエア ビジネスニュース ]━■

 エイジレスな起業支援
 インスクエアが送る【最新!ビジネス情報】
 http://in-sq.com
■━━━━━━[vol.1515]2018/03/12━■

メルマガ無料購読申込はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01本日のコラム -

『いまだから言えるストック構築が始まるタイミング』

…………………………………………………
大竹 啓裕 (アットオフィス社長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お仕事中お邪魔します。

大竹です

朝一番で朗報が届きました。

友人の熊谷社長の新事業が
1号契約取れたとのこと、本当にうれしいです。

講座で教えることを事業にするそうです

ITによる業務改善を主に長年やってきた苦労人ですが
ストックビジネスアカデミーと出会って
立ち位置が変わりました。

彼の提供しているサービスの本質はなにか?
そこへアプローチする新機軸は何か?
今回は教育を通じた事業ですが
ここから面白い流れが始まります。

今回の熊谷社長からもアドバイスを求められ
ていましたが、どのタイミングでストック
思考の本領発揮になるのか気にしていました。

というのは、フローであれ何であれ、事業が
動くところからが始まりで、動き出さない
ことにはアドバイスがしにくいのです。

動き出してそこからストックへのアプローチ
は階段を上がるように進んで行くからです。

会員の一人である熊谷さんへ
いまなら言える究極の話をします。

本当に大切なのは「商品」ではなく「価値」です
本質的に、且つ継続的に提供する「価値」

そして、「技術」ではなく「顧客」
さらに、他より少し上ではなく、
「めちゃくちゃ上」か、違う「価値」を目指す

実際に事業が始まれば、
チューニングは価値をとがらせ続ける活動なんです。

価値をとがらせ続けると、「継続率」「粗利」「新規」
が増えるんですが

どうしてだと思いますか?

続きはこちらから

http://otaketakahiro.com/archives/3092

———————————-
▼プロフィール:
インスクエア メルマガ編集長
・氏名:大竹 啓裕
・出身:福島県
役職:株式会社アットオフィス 社長
会社ブログ:http://ao-ceo.jugem.jp

ストックビジネスアカデミー 主宰

http://otaketakahiro.com/academy

不動産活用ネットワーク 代表

著書:ストックビジネスの教科書(ポプラ社)
著書公式HP:http://otaketakahiro.com/book
————————————

関連記事

« 6月 2022 5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31