mark バーチャルオフィスのinsquare|TOP     mark イベント結果     mark  イベント     mark  インスクエア通信Vol. 66 リカタンず・サイエンスカフェ「笑いを科学する」

TOPに戻る

イベント結果

インスクエア通信Vol. 66 リカタンず・サイエンスカフェ「笑いを科学する」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年9月29日 3:20 PM

9月29日(金)、カフェ・インスクエア にて月に1度開催の【リカタンず・サイエンスカフェ】に潜入してきました!

リカタンず とは?

大人のための科学雑誌「理科の探検」略称 “RikaTan” の編集委員・企画委員が中心となって活動している科学系イベント。月に1度、カフェ・インスクエアを貸し切り、「サイエンスカフェ」を開催していらっしゃいます。

インスクエアご入居者様が主催されているこのイベントに、インスクエアが初潜入しました!

リカタンず

カフェスタイルの席に、セルフサービスのコーヒーとお菓子。普段は立って登壇されることが多い湯沢さまも「今日は座ってやってみようかな」と着席してスタート。登壇者と参加者の距離がぐっと近づく、リラックスした雰囲気の会場ができあがっていました。

「まずはクッキーで乾杯!」と、ユーモア溢れるスタート。

セルフサービスコーナー

 

今回のテーマは「笑いを科学する」。 ゲストは湯沢友之さま。

大学の研究員でありながら、実は吉本興業株式会社の芸人さんだったり、

「笑い療法士」さんだったり。

◆なぜ大人より子どものほうがよく笑うのか?

◆笑いの種類(DNAに組み込まれている笑いと、そうでない笑い)

◆笑うと体の中で何が起こっているのか・・・?

 

など、「笑い」をテーマに様々な角度から迫っていきます。普段考えたこともないような笑いのメカニズムを、喩え話を交えて解説。ひとつひとつに「なるほど!」とどよめきがあり、どんどん会場全体が引き込まれていきました。お笑いのネタひとつも、こんなことまで考えて作られているんだ!と知ると、見える世界が少し変わります。

 

毎回、身近なテーマを取り上げゲストを招き、分かりやすく楽しく・かつ科学的に切り込んでいくのだそうです。気張らずに学べて、あした誰かに話したくなる、もっと知りたくなる。

科学系のイベントって、難しい話なのでは・・・?という心配を吹き飛ばす、エンターテインメント性たっぷり・新しい発見たっぷりの素敵なイベントでした!

受講風景

受講風景2

【おまけ】

イベント終了後、湯沢さまや参加者さまから「この会場いいですね!」とお褒めの言葉。「日中はお仕事ができるカフェなので、コーヒー1杯で何時間でも」とお話すると、活用します!と宣言いただきました。

ネット環境から事務用品まで、お仕事環境の整った

カフェ。ぜひ一度、お立ち寄りください♪

 

次回予告

\科学を楽しく学びたい方!/

次回のリカタンず・サイエンスカフェは

 「 (仮)食を科学する」!

10月27日(金)19:00~@カフェ・インスクエア

 

詳細は・・・「リカタンず・サイエンスカフェ」で検索!

 http://www.j-kitti.co.jp/cafe/cafe.html

 

\こちらもチェック!/

Zoomマスター養成所
10月17日(火)19:00~
@カフェ・インスクエア

詳細・お申込はこちらから

https://www.event-form.jp/event/2140/acifVeAXLXKx

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

カレンダー

2018年10月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031