バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『台湾を活用した中国進出という視点』第12回 インスクエア ビジネスニュース Vol.114

『台湾を活用した中国進出という視点』第12回 インスクエア ビジネスニュース Vol.114

■[ インスクエア ビジネスニュース ]━━━━━━━━━━━━━━━━■

 世代を超えて起業が日本を元気にする!
 エイジレスな起業支援のインスクエアが送る【 最新!ビジネス情報 】
 http://in-sq.com
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[vol.114] 2012/10/04━━━━■
‥‥◇◆ 目次 ◆◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
01:本日のコラム…『台湾を活用した中国進出という視点』第12回
/ 進藤 晶泰 (香港貿易発展局)

02: イベントのお知らせ【中小企業総合展JISMEE2012(10/10(水)~12(金)
開催】
                                   
03:その他のお知らせ
━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01 ┃ 本日のコラム -『台湾を活用した中国進出という視点』第12回
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ /進藤 晶泰 (香港貿易発展局)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さん、こんにちは。
 混迷を深める日中関係、頭が痛いですね。中国ビジネスを行う上で「敵を知
る」、つまり中国人とその国家観を理解する事が重要です。

 世界中にチャイナタウンがあって、華僑がいます。これは私なりに解釈する
と“国(支配者)は民を裏切る(=犠牲にしても厭わない)ものだ、いざとい
う時は逃げよう”という考え方が4000年の歴史を積み重ねて発露したものだ、
という事なのだと思います。実際、筆者が広東省の広州で働いていた時、地元
のエリート大学を卒業した現地スタッフの夢は“オーストラリアに移民する事”
でした。彼らの共産党幹部とその子弟への妬み、不公平への不満はものすごい
ものです。

 一方、中国で暴動がピークを迎えた9月18日から21日まで、我々のプロジ
ェクトで中国の民営企業10数社が来日し、日本企業への買収・投資の商談会を
行い成功のうちに帰国していきました。実際にそれなりに成功して、ビジネス
をきちんとやっている中国人は今回のようなデモからは遠く離れたところに身
を置いています。

 誰も中国という国・政府を信用していない。実は“反日”と言ってデモが起
きるのは現状に不満を持っているからでしょう。日本企業が独力でこのような
“国”に対して投資をする事のリスク、見えてきますね。やっぱ、“パートナ
ー”が必要です。少し前置きが長くなりました、コラムに入ります。 

 ここまで、“日本企業にとっての中国進出の難しさ”、そのソリューション
の1選択枠としての“台湾を活用した対中進出”について、そして統一企業グ
ループを題材に取り上げ、台湾(華人)企業の持つ経営ダイナミズムについて
検証を行ってきました。
 
 ここからは、まとめとして日本企業にとっての“台湾を活用した対中進出”
の持つ利点について示して行きたいと思います。今日のポイントは「台湾と組
むと潰れにくい」という点です。
 
 筆者はかつて、東洋経済新報社が発行する『海外進出企業総覧(国別編)』
という、進出国別に日本企業が出資している海外現地法人(2009年版では2万
1,548社)を収録し、世界各国・地域に展開する日系現地法人の把握・分析や
海外投資戦略の全容を探るために、またマーケティング調査などに幅広く活用
されているデータベースをもとに調査を行いました。
 
 これは、過去10年間に撤退または被合併により消滅した在中国日系現地法人
全件を抽出し、①業種、②出資形態、③存続期間で分類を行ったというもので
す。この調査結果によると、
 
 調査時点で415社の台湾を活用した対中投資事例が確認されており、『海外
進出企業総覧』による在中国日系現地法人数5,015社に占める割合は8.3%とな
ります。一方筆者調査における過去10年間に渡る日系企業中国現地法人の消滅
(撤退もしくは被合併)ケースは全部で485社、そのうち「台湾活用」事例は
11社で2.3%となり、存続企業のシェア8.3%に比べ圧倒的に低く、“台湾を活
用して中国へ進出した企業は潰れにくい”という事が言えそうです。
 
以上進藤でした。

・前回までの進藤さんの内容はまとめて読むことが出来ます。(編集長)

http://melmaga.in-sq.net/category/shindou

———————————————————————-
▼プロフィール:インスクエア メルマガサポーター
氏名:進藤 晶泰(しんどう あきやす)
所属:香港貿易発展局東京事務所
<経歴>
1964年生、東京都出身。88年早大法卒、三井銀行入行、台湾師範大学での語学
研修を経て、アジア通貨危機時に広州支店の閉鎖、香港支店で中国初の破綻案
件で債権者主席委員などに従事。アコムに転じて台湾大手銀行との業務提携、
北京大学アコム金融情報研究所の立ち上げ等を行い、2007年9月より現職。中
国・香港・台湾と中華圏全般に渡る豊富なビジネス経験と幅広い人脈が強み。
2010年早大商学研究科(MBA)修了。
———————————————————————-

━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
02 ┃イベントのお知らせ
 ┃【中小企業総合展JISMEE2012(10/10(水)~12(金)開催】
━━┃……………………………………………………………………………………
 ┃中小企業・ベンチャーのマッチングイベントです!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年も中小企業総合展JISMEE2012(10/10(水)~12(金)東京ビックサイト東1・
2・3で開催されます。
詳細はココから ⇒ http://www.smrj.go.jp/jismee2012/
ブース数も600-700あります。

このイベントは全国の中小企業、ベンチャーしか基本出展できません。しかも
書類審査など、ビジネスモデルやアイディアが良くないと出展できないので、
会場に行くと金の卵がたくさんあります。
※日の目を見ない商品・サービスももちろんありますが・・・(汗)

同時開催にベンチャーフェアJAPANもあります。
そして海外展開スクエアがあり海外100社程度が出展します。
これも楽しみです。

インスクエア池袋の入居企業からも出展があります。
D-018のブースへお越し下さい!

テーマは「ハラルビジネスで日本活性化」です!
是非お越し下さい。

ぜひ中小企業・ベンチャー企業のイベント登竜門?の中小企業総合展に行き、
来年の出展の準備を今からしてはいかがでしょうか?

━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
03 ┃ その他のお知らせ
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ 1 インスクエア池袋 先着50社限定 特典もいよいよ終了近し。
  ┃ 2 バックナンバーサイト完成。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.インスクエア池袋
先着50名様特典の内容はコチラ(特典をクリック)

http://in-sq.com/index.html

・入会金無料 通常1名5万円
・3段キャビネ無料進呈
※先着30名の特典は満員につき終了いたしました。
※上記50名様特典も残りわずかとなって参りまいた。事前にご確認ください。

2.インスクエアビジネスニュースのバックナンバーが出来ました
購読申込もこちらメルマガ購読申込はこちらhttp://melmaga.in-sq.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★インスクエア 関連WEBサイト★
【インスクエア池袋公式サイト】
 http://in-sq.com/index.html
【オフィス探しのポ-タルサイト】
 http://www.at-office.co.jp/
【レンタル会議室探すならアットビジネスセンター】
 http://abc-kaigishitsu.com/
【インスクエア公式サポーター 営業支援担当(株)東京事務所】
 http://www.tokyojimusyo.com/
【ビジネスコンテンツアグリゲーション(株)PDBマーケティング】
 http://www.p-db-m.com/
【インスクエア公式サポーター IT担当(株)CNETメディアサービス】
 http://www.cnet-media.co.jp/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
インスクエアでは、世代を超えたビジネス情報・国境を超えた
アジア最新情報、営業支援情報など有益なビジネス情報をお届けいたします。

メルマガ購読申込はこちら http://melmaga.in-sq.net/
バックナンバーもございます
┏━━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃\/┃本メルマガへのご意見・ご感想・ご質問はこちらまで
┗━━┛ ->> info@in-sq.com
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【インスクエア運営事務局】
株式会社アットオフィス
e-mail: info@in-sq.com   URL: http://in-sq.com/index.html
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
無断での複製、転載を禁じます。本情報は、情報の提供のみを目的に作成され
たものであり、何らかの行動を勧誘するものではありません。また、本情報は、
信頼できると思われる情報に基づいて作成されていますが、弊社は、その正確
性を保証するものではありません。
Copyright(C) at-office co.ltd. All Rights Reserved.

関連記事

« 6月 2018 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30