バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『本気で他人の解決を考える!最高の学び』 インスクエア ビジネスニュース Vol.1569

『本気で他人の解決を考える!最高の学び』 インスクエア ビジネスニュース Vol.1569

■[ インスクエア ビジネスニュース ]━■

 エイジレスな起業支援
 インスクエアが送る【最新!ビジネス情報】
 https://in-sq.com
■━━━━━━[vol.1569] 2018/06/04■

メルマガ無料購読申込はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01本日のコラム - 

『 本気で他人の解決を考える!最高の学び 』

…………………………………………………
大竹 啓裕 (ハッチ・ワーク社長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お仕事中お邪魔します。

大竹です

「人は自分の都合の悪いことは見えないフリをする」習性があるそうです。

ところが、一方で「自分に問題があることは認識している」

都合のいい話ですが、これが人間なんだそうです

思い当たることありませんか

ああ、自分のことかと私は思ってしまいました。

会社員だったころは、上司が居て難題が降ってくるので

強制的に取り組めたものが、社長になると

「気持ちは前向きなのに自分のことだとつい思考が止まってしまう」

私は「衰えたのかなあ」と思ったことが何度もあるんです

少し安心したのは、実はこれは人間の自然の姿なんだそうです。

他人の課題になると思考が勝手に動き出す感覚ありませんか?

「他人のことだと思考が前向きになりどんどんアイデアが出る」

これはだれかというと、私のことです。

でも実際に聞いてみると同じように感じる人が多いんです

あるとき思ったのは、

「経営者の学び方ってこれなんじゃないかな?」

自社の業務改善に10の時間を使うなら

自社のことを7くらいにして、3は他人のお困りことを解決することに頭を使う

それも短時間本気で考える

大事なのは「短時間本気で考える」

その時間が終えたら完全に切り替えて、またいつもの自社のことを

ああでもない、こうでもないと考えるんですね

自社のことは、逃げられないのでいつも考えるのは当たり前

齋藤一人さんがこう言っています

逃げられる問題は逃げたほうがいいんだよ

でも逃げられないなら楽しくやらなきゃだめだよ、楽しいってことは本気でやることだよ

「他人の課題を短時間本気で考える」

これを毎月1回やったところで時間のロスなんて大したことないです

むしろ

そこで出来たことこそ血肉になってそのまま自社で使えることだらけです

これが、

私の考えるアクティブラーニングです

私の20代は生きるコツが何もわからない小僧でした

30代になってから学ぶことで自己投資に目覚め

40代、50代と学ぶ自己投資をどんどん上げてきましたが

株式投資、海外投資、海外不動産、どれよりも自分が学ぶことへの投資リターンが一番大きい

投資商品の100倍以上はリターンしている実感がある。

この週末、江戸川区にある注文住宅の会社へ訪問して

他人の課題を短時間で本気で考えてきました。

新しい業界知識、アイデア、人脈が全部手に入って〆て2時間

おまけに本気でやるから信頼関係までおまけで付いてくる

こんなお得なアクティブラーニングをもっと広めていきたいと思います

「他人の課題を短時間本気で考える」場所。

経営者にはそういう場こそ必要と私は真剣に取り組んでいます

※株式会社アットオフィスは4月1日から
株式会社ハッチワークに社名が変わりました。
———————————-
▼プロフィール:
インスクエア メルマガ編集長
・氏名:大竹 啓裕
・出身:福島県
役職:株式会社ハッチ・ワーク 社長 
コーポレートサイト http://hatchwork.co.jp/

ストックビジネスアカデミー 主宰

http://otaketakahiro.com/academy

不動産活用ネットワーク 代表

著書:ストックビジネスの教科書(ポプラ社)
著書公式HP:http://otaketakahiro.com/book 
————————————

関連記事

« 6月 2018 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30