バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『リスクの少ない掛け』 インスクエア ビジネスニュース Vol.1539

『リスクの少ない掛け』 インスクエア ビジネスニュース Vol.1539

■[ インスクエア ビジネスニュース ]━■

 エイジレスな起業支援
 インスクエアが送る【最新!ビジネス情報】
 http://in-sq.com
■━━━━━━[vol.1539]2018/04/16━■

メルマガ無料購読申込はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01本日のコラム - 

『リスクの少ない掛け』

…………………………………………………
大竹 啓裕 (ハッチ・ワーク社長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お仕事中お邪魔します。

大竹です

自分で言うのもなんですが、サラリーマン時代は

かなりのアイデアマンだったと思います。

次々とお客様の喜びそうなサービスを思いつく

タイプで自信がありました

しかし、ライブドアショックからITバブル崩壊で

売り上げが下がり続けるときには、生涯で初めて

リストラをしなくてはならない立場に追い込まれて

得意のアイデアさえも出なくなりました。

経営者としてこれほどの屈辱は無いと思います

事業を立上げて間もない時期というのは、まだ資金も少なかった

そんなときに多数の社員を抱えながら赤字が続くという

恐ろしい状態になると、私は目先に追われて先を

考えられなくなりました。

これが最も恐ろしい状態。

もう二度とそうならない為に今も必死です。

そんな私が、

先週は合宿にて今の事業を5年で3倍にするには

どの事業に注力するか優先順位を考えていました

いくつかの事業に優先順位をつけますが

オフィス不動産を取り巻く環境のポイントは

1 オフィスビル相場は慣性がついて2年は高値

2 一方で古い中小型ビルは競争力が落ちる

3 コワーキングスペースはブームが続くが
大手同士の戦いの一方でまったく違う低価格帯と
2極化する

4 副業解禁から副業の多様化と支援サービスが増える

今までの12年を振り返りながら、次はどんな流れが

くるのか事業環境(長期的視点で読む)を考慮して、

確実に伸びる事業に限られた人物金を使う戦略を描く

こうして振り返ると、なんと恵まれた状態になったのかと思います。

■いい状態のときこそ作るべき

数カ月先の売上、来年以降の売上が見通せる状態になると

社長はいい状態になります。

これこそストックビジネスが出来た状態です。

もしあなたが3年先を考えて戦略を立てられるよう

になったならば何をしますか。

健全な状態だからストックが出来るのではなくて

ストックビジネスが出来ると先々の戦略が立てられるから

健全な状態になるということです。

そんなに人の意思は強くないと思うんですね。

独立すれば最初はだれでも夢に燃えますが、

いい経営は夢だけじゃだめだという現実をみせられ

未熟な経営者だったなあと思います。

ここから私が行王としているストックビジネスへの

掛けはリスクが少ないので私に向いている気がします。

http://otaketakahiro.com/

※株式会社アットオフィスは4月1日から
株式会社ハッチワークに社名が変わりました。
———————————-
▼プロフィール:
インスクエア メルマガ編集長
・氏名:大竹 啓裕
・出身:福島県
役職:株式会社ハッチ・ワーク 社長 
コーポレートサイト http://hatchwork.co.jp/

ストックビジネスアカデミー 主宰

http://otaketakahiro.com/academy

不動産活用ネットワーク 代表

著書:ストックビジネスの教科書(ポプラ社)
著書公式HP:http://otaketakahiro.com/book 
————————————

関連記事

« 6月 2018 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30