バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『メール添付ファイルの暗号化は何のため?』 インスクエア ビジネスニュース Vol.1530

『メール添付ファイルの暗号化は何のため?』 インスクエア ビジネスニュース Vol.1530

■[ インスクエア ビジネスニュース ]━■

 エイジレスな起業支援
 インスクエアが送る【最新!ビジネス情報】
 http://in-sq.com
■━━━━━━[vol.1530]2018/04/03━■

メルマガ無料購読申込はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01本日のコラム -

 メール添付ファイルの暗号化は何のため?
…………………………………………………
 松澤 和重(株式会社CNETメディアサービス)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ITサポーターの松澤です。
こんにちは。

春らしい陽気と満開も終わりつつある桜の中、新年度らしい
雰囲気が漂う街中です。

メールの添付ファイルを暗号化(パスワード保護)したいと
いう相談をよく受けます。気が付けば、最近は添付ファイル
がパスワード保護されて送られてくるケースが多いですね。

送信する側のしくみは進化していくので、どんどん操作が簡
単になっていきます。簡単に暗号化できてどんどんメールを
送ることができますが、受け取る方は、全部がそればっかり
だとたまったものではありません。

こういうものは慣れとか感覚の問題が大きく、利用する人が
多いと何となくやらなくてはという意識になるものです。

かく言う私も、個人情報や金額が載ったデータや契約書など
はなんとなくそのまま添付するのもどうかと思ってしまいま
す。完全に世の中の動きに流されています(汗。

私は裸で送るのは気が引けるなというものはZIP化して送る
ことにしています。完全に気持ちの問題という感じです。

考えてみれば、個人情報も昔は大らかでした。30年くらい前
のバイク雑誌をたまたま見ていたら、パーツ交換や文通希望
と称して氏名や自宅住所まで堂々と載っているではないです
か。しかも女性とか。
これには思わず笑ってしまいました。昔も今も住所がわかれ
ば自由に訪ねることは可能ですが、今は地図サービスでバッ
チリわかってしまいますから、やはりすごい時代だと思いま
す。

そもそもZIPは数多いファイルを一まとめにする機能(書庫)
ですが、メールの添付ファイルはなぜ暗号化するのでしょう
か?いくつか理由はあると思いますが、主に以下の2つでは
ないでしょうか。

・誤送信により誤って読まれないようにするため
・ウィルスなどによる過去メール漏えい対策

では、メールの添付ファイルを暗号化するためにどういう方
法が考えられるでしょうか?

手動でやるということも可能ですが、今はツールが充実して
いるので、ある程度強制化、自動化することが可能です。

自動化ツールの場合は、添付ファイルを自動で暗号化し、パ
スワードも自動で生成して自動で送るという機能を持ったも
のがほとんどです。

パスワードをいちいち考えるのは面倒ですし、それをいちい
ちメールで通知するのも面倒ですから、それらを自動化する
というのは必然のような気がしますが、ここで疑問です。

パスワード通知の宛先はメールの宛先とセットですから、誤
送信の場合は、間違った宛先にパスワードも通知されること
になります。それでは誤送信先で書類は読めてしまいます。

つまり、何が大事かというと、パスワードをどうやって知ら
せるかということがキモなわけです。これには決定的な方法
はないように思えます。

私の場合は、名刺に携帯番号を書いていないので、知ってい
る相手であれば自分の携帯番号にしています。

似たような例で、メール本文に「御社のFAX番号です」など
とする場合もありますが、それも、HPなどに載っている場合
はあまり意味がないです。そこまで厳密に考える必要もない
かもしれませんが。

そう考える、そもそもメールのしくみがよくないと思います。
メールに添付するということは複製がばら撒かれることにな
るので、そもそも安全ではありません。

また、メール添付の自動暗号化はアウトルックを使った場合
がほとんどです。アウトルック以外のメーラーやウェブメー
ルを使った場合は仕組みが大がかりになる傾向があります。

これらから、理想的な方法はウェブのファイル転送サービス
を利用するのがベストではないかと思います。
代表的なものでは「宅ふぁいる便」があります。

ウェブのファイル転送サービスも書類の複製がアップロード
されることには変わりがないですが、保管期限がありますの
で、メールのように消さない限りは残り続けるということが
ありません。相手が開封したかどうかも分かりますし、リマ
インダーもあります。

よって、ウェブのファイル転送サービスでパスワードも自動
生成されてパスワード通知も自動でやってくれるシステムが
一番よいと思います。それに該当するのが「オフィス宅ふぁ
いる便」です。いいサービスなのですが、100ユーザーで月
額17,000円と、数人の会社では利用しにくい価格設定なのが
残念です。

また、ウェブのファイル転送サービスは利用を強制化できな
いので、そういう場合は多少リスクがあってもメーラーを利
用せざるを得ないのが現状でしょう。

最後に、添付ファイルの自動暗号化ツールとして以下を評価
しましたのでご案内いたします。

・メール誤送信防止ソリューション 『m-FILTER MailAdviser』
・IT資産管理ソフト 『AssetView』

では。

——————————————————
▼プロフィール:
・インスクエア公式サポーター IT担当
・氏名:松澤 和重(まつざわ かずしげ)
 http://www.cnet-media.co.jp/contact
・所属:(株)CNETメディアサービス 代表取締役
 http://www.cnet-media.co.jp
・データ復旧のプロフェッショナル Dr.DATA ドクターデータ
 http://www.drdata.jp
——————————————————

関連記事

« 6月 2018 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30