バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『NHK大河ドラマと現代』 インスクエア ビジネスニュース Vol.701

『NHK大河ドラマと現代』 インスクエア ビジネスニュース Vol.701

■[ インスクエア ビジネスニュース ]━━━━━━━━━━━━━━━━■

 世代を超えて起業が日本を元気にする!
 エイジレスな起業支援のインスクエアが送る【 最新!ビジネス情報 】
 http://in-sq.com
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[vol.701] 2015/01/20━━■
‥‥◇◆ 目次 ◆◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

01:本日のコラム…『 NHK大河ドラマと現代 』
/ 重村達郎(弁護士)

02:その他 
1.イベント報告:【会社を潰さない「ストックビジネス」を作る方法】
━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01 ┃ 本日のコラム - 『 NHK大河ドラマと現代 』
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ / 重村達郎(弁護士)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 年末から年始にかけて少し時間があったので、書店で眼にとまった『幕末史
』(佐々木克著、ちくま新書、2014年11月発行)を読みました。今回も戦後
70年の新年にあやかって、起業やビジネスとは直接、関係のない歴史の話で
す。

この本は、短期間で増刷されており、今年のNHK日曜夜の大河ドラマ「花
燃ゆ」の主人公が吉田松陰の妹で久坂玄瑞の妻である文であるなど、タイムリ
ーなこともあって人気が出たのかもしれません。

もっとも、私は、NHKの報道は相対的に高く評価しているのですが、この
大仰な歴史大河ドラマにはうんざりしていて、この数十年、朝の連続テレビ小
説ともどもほとんど見たことはなく、このゴールデンタイムに他の民放もロク
な番組がないので、いつも困っています。

ところで、この『幕末史』は、欧米列強諸国から開国を迫られ、次々と不平
等条約と租借地を認めさせられて存亡の危機にあった当時の日本を建て直し、
屈辱をバネに近代化を達成した国家建設の物語として描かれています。

そして、薩長=倒幕派という思い込みと誤り(結果的には、最終段階で鳥羽
・伏見の戦いや上野・函館での戦闘などがありましたが)を丁寧に史実を追っ
ていく中で明らかにし、「攘夷」が外国を物理的に追い払うことを意味するの

ではなく、志士達の運動も、濃淡はあれ、破約攘夷(不平等条約の改正)とそ
れに向けた挙国一致での国権の確立をめざしたものであったという視点から歴
史認識の再検討を迫るもので、なかなか興味深い内容です。

これまで、なぜ、薩摩藩や龍馬などが公武合体的な動きをしたり、昨日まで
「攘夷」の最過激派であった長州藩が、四国連合艦隊との下関戦争でこてんぱ
んに敗れたからとはいえ、いとも簡単に開国に藩論を転換できたのか、なぜ江
戸城は無血開城できたのか、単なる個人の力量だけからでは説得力に乏しかっ
た点も含めて、納得がいった次第です。

そして、著者は、内政・外交両面で新政府の舵取りをして現在の日本の基礎
を築いた、もともとは有能な官僚タイプの大久保利通や、長州藩の藩論を改革
派にまとめた桂小五郎(木戸孝允)を高く評価しています。

そこでは、西郷の西南戦争などは、不平士族の反乱という歴史の一コマでしか
ありません。
他方、このような善意の建国―建軍思想には、この本では全く無視されてい
る落とし穴が潜んでいると思います。たとえば、長州奇兵隊の反乱事件です。

函館戦争などを終え、奇兵隊・諸隊5千名は故郷に帰りますが、藩―中央政府
に、失業対策も兼ねて再編された常備軍として雇用されたのは元武士など約2
千名だけで、同志として戦った農民や町民などは差別的に解雇され、論功行賞
などもありませんでした。

怒った約1800名が1869から70年にかけて当時の山口藩庁を包囲しま
したが、桂が兵を率いて鎮圧し、捕えられた者のうち130余名が処刑され、
多くの者が厳罰に処せられました。

また、71年の廃藩置県―琉球藩設置(第1次琉球処分)後も、琉球国王は屈
しなかったため、以後、薩摩出身の大久保や松下村塾生だった伊藤博文らが外
務卿として圧力をかけ、最後は、79年に約600名の軍隊・警察で首里城を占
領し、ようやく沖縄県に編入した(第2次琉球処分)のです。

これまでの作り方と宣伝からして、NHK大河ドラマは、今で言う内ゲバの
殺し合いをいとわない維新の若き志士達の新しい国づくりに向けたひたむきさ
とそれを支えた女性達という美談で終わり、木戸・伊藤・山県ら松下村塾出身

者―明治の元勲による負の歴史は後景に追いやられ、高杉晋作や久坂玄瑞が率
いた奇兵隊の存亡―建軍の思想がルーツとなった日本軍によるアジア侵略とそ
の結果としての戦後70年の歴史―第3次琉球処分がもたらした辺野古基地移
転問題などは、どこか遠い国の話であるかのような仕立てになることが予想さ
れます。

もとは受信料に基づく大金をはたいて大河ドラマを作るなら、ないものねだり
ながら、日本の近現代史をほとんど学校で教わらない多くの人たちの為にも、
歴史の見方に一石を投じるようなものにしてほしいところです。

—————————————————————–
▼プロフィール:
・氏名:重村達郎(しげむらたつろう)
・ひまわり総合法律事務所 弁護士(大阪弁護士会)
  t-shigemura@himawarilaw.com 
 事務所HP・個人HP 各名前で検索してください
 京都大学法学部・経済学部卒
—————————————————————–

━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
02 ┃ その他のお知らせ
━━┃……………………………………………………………………………………
  ┃ 1. インスクエアイベント報告
  ┃【会社を潰さない「ストックビジネス」を作る方法】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. インスクエアイベント報告
会社を潰さない「ストックビジネス」を作る方法【IS×天狼院】】

またやって欲しいなど、参加者から高評価のセミナーとなりました。
■まず前半は、インスクエアを事例にして
『起業で失敗しない為のストックビジネスとは何か?』を理解
するための講義です。
日本の起業の現状について、各種データを分析しながら
インスクエアを生み出した経緯=ストックビジネスが生まれる
過程を紐解きます。
加えて、ストックビジネスとは反対のフロービジネスについても
短期、長期、収益性を比較しながらそれぞれの長所短所を解説。

■天狼院店主三浦さんからのするどい質問に大竹が一つ一つ答
えていきます。
「なぜ、ほとんど資金をかけずに事業が立ちあげられるのか?」
「なぜ、インスクエアは今や予約待ち状態なのか?」

三浦さんが途中で「奇跡のビジネスモデル」と評したことが印象的でしたが、
その理由として「ポイントは信用は貯金です。信用は現金です。」と大竹が
答えていました。

実際に信用が貯金だという根拠はビルオーナーのストックを有効活用して
想定以上の結果を出し続けて来たことを見てきていますので、納得できました。

それは40歳を過ぎて起業する人の会社存続率が高い理由にもつながり
実際にどうやって信用をお金にするかのエピソード『1億の”えっ?”』の話

会場は大いに盛り上がっておりました(笑)

詳しくはこちらのレポートをご覧下さい

http://in-sq.com/event/?p=335

★インスクエア 関連WEBサイト★
【インスクエア公式サイト】
 http://www.in-sq.com/
【オフィス探しのポ-タルサイト】
 http://www.at-office.co.jp/
【レンタル会議室探すならアットビジネスセンター】
 http://abc-kaigishitsu.com/
【インスクエア公式サポーター 営業支援担当(株)東京事務所】
 http://www.tokyojimusyo.com/
【ビジネスコンテンツアグリゲーション(株)PDBマーケティング】
 http://www.p-db-m.com/
【インスクエア公式サポーター IT担当(株)CNETメディアサービス】
 http://www.cnet-media.co.jp/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
インスクエアでは、世代を超えたビジネス情報・国境を超えた
アジア最新情報、営業支援情報など有益なビジネス情報をお届けいたします。

メルマガ購読申込はこちら http://melmaga.in-sq.net/

関連記事

« 6月 2024 7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31