バーチャルオフィスのinsquare|TOP > インスクエアメルマガ バックナンバー


TOP >> ;『世界的に労働者賃金は上がりにくい』 インスクエア ビジネスニュース Vol.1431

『世界的に労働者賃金は上がりにくい』 インスクエア ビジネスニュース Vol.1431

■[ インスクエア ビジネスニュース ]━■

 エイジレスな起業支援
 インスクエアが送る【最新!ビジネス情報】
 http://in-sq.com
■━━━━━━[vol.1431]2017/11/13━■

メルマガ無料購読申込はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
01本日のコラム -

世界的に労働者賃金は上がりにくい
…………………………………………………
大竹 啓裕 (アットオフィス社長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大竹です
お仕事中お邪魔します。

うすうす感じていましたがこの記事で厳しい現実を
知ることになった。

【世界的に労働者賃金は上がりにくい】

・・日経新聞の記事要約・・

「経済協力開発機構(OECD)加盟国平均の賃金
上昇率は16年までの5年間が年平均2.2%。08年ま
で5年間の5.3%に比べると明確に鈍った。」

「大和総研によると、70~74年生まれの人が40歳代
前半に稼いだ所定内給与は年329万円と、60~64年生
まれの人が同年代で稼いだ額より23万円少ない。」

「雇用の環境が良くなると、企業は人材を集める
ために賃金を上げる。この構図が今は崩れている。
16年は完全失業率が3.1%と22年ぶりの低水準にな
ったが、1人あたりの賃金は1%の上昇どまり。
22年前の94年はバブル経済が終わり失業率が上
がっていたが、1.8%の賃金上昇があった。」

「6月、ECBのドラギ総裁は講演でこう語った。
ネットがもたらすビジネスモデルの変化に人口構
造の変化が加わり、働く人のニーズが変わる。
上がらない賃金に、世界経済の課題が映し出さ
れている。」

この記事の原文

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22878370Q7A031C1SHA000/

このような現実のなかで何が必要なのか

私はこう思います。
日本語圏という特殊な防御壁があるおかげと、
世界3位という経済規模のおかげで、日本国内
の経済は人口減少というなだらかな変化はある
もの、内需でも時間稼ぎは出来る。

でもこうして時間稼ぎをしている間に、次の
事業チャンスをキャッチアップしなければなら
ないでしょう。

私のメンターであり
私の次の一手をいつも相談している投資家の
エンジョイ先生は、絶対に私たちでは入らな
い情報にアクセスしています。

エンジョイ先生と、
7年前からこんなやり取りを始めてから
私の事業も確実に軌道にのりました。

先日も
そんなエンジョイ先生と2018年に向けて
の秘密の展望会議をしました。

2018年はどうなるのか・・・・さてその結論は!!

そんな
貴重な情報とエンジョイ先生になんでも
聞ける会議を企画します。

【初企画】
エンジョイ先生に聞く2018年展望会議(仮称)in東京

エンジョイ先生と私のトークセッションになります。

正式募集前ですが
2018年1月23日(火)夕方から開催予定です。
一般募集はごくごく少人数ですので、興味のある方はこのメールに
「参加検討」と返信してください。
優先的にご案内させていただきます。

———————————-
▼プロフィール:
インスクエア メルマガ編集長
・氏名:大竹 啓裕
・出身:福島県
役職:株式会社アットオフィス 社長
会社ブログ:http://ao-ceo.jugem.jp
㈱ストック総研 会長

http://otaketakahiro.com/

大竹アンドパートナーズ税理士事務所
シニアコンサルタント
インスクエアサポーター(ビジネスモデル担当)
非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会副理事長
不動産活用ネットワーク 代表

著書:ストックビジネスの教科書(ポプラ社)
著書公式HP:http://otaketakahiro.com/book
————————————

関連記事

« 6月 2024 6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30